FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職するときの注意点

人間関係の悩みから開放されたい、経験やスキルをもっと高めたい、上司からのセクハラなどが理由で転職を希望する人もいるようです。転職を決めたものの、出来ることなら円満退社をしたいと思うのは誰でもそうです。

会社に退職願を出すにしても、いきなり「お世話になりました」では会社も迷惑ですし、社会人として好ましい対応ではないですね。いきなり社長に「転職先が決まったので辞めます」と退職願を出すような事は避けましょう。

退職願を出すなら、直属の上司へ「相談」という形で話を持ちかけるようにした方がいいです。直属の上司を通り越していきなり社長などの重役へ転職の話がいくと、間にいる上司の管理がなっていないと思われて上司が責められてしまうかもしれないからです。

会社を辞めるのは自由ですが、最低限周りの迷惑になるような辞め方は避けて、円満退職が出来るようにしましょう。転職の意思が固く、退職の意思を示しているにも関わらず、会社側がなかなか辞めさせてくれない場合などは、労働基準監督署で相談に乗ってもらえるので、最悪の場合、相談してみましょう。
転職エージェント
スポンサーサイト

海外への転職

最近は海外転職を希望する方が多くなってきています。日本国内の企業も外資系企業がどんどん増えてきつつある中で、反対に海外へ転職したいと思っている人もいらっしゃいます。海外への転職希望者の理由としては、エステ業界の人なら本場の韓国でエステの勉強をしたい」という理由で海外への転職を希望する方もいます。

常に英語スキルが必要とされるIT系の人や秘書の人が、もっとスキルアップをしたいとして、外資系企業への海外転職を希望するケースが増えています。外資系企業へ転職を希望する理由は、日本みたいに年功序列で縛られるのではなく、実力次第で収入面も大きくしたいと望む人が多いです。

転職先の国によって、労働ビザの取得が難しいケースもあります。海外転職をするなら、労働ビザに関する情報や知識を得ておく事が重要でしょう。

海外転職に必要なスキルとしては、基本的な英語力が必要となるので、英語検定資格等を取得してから転職すると有利でしょう。海外転職を希望するなら、TOEICスコアは最低でも500点以上は必要とする企業が多いみたいです。
最近の記事
カテゴリ
RSSリーダー
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
クリック募金
緑のgoo
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。