FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障がい者の採用

障がい者の採用では職種や地域だけでなく勤務体制や諸設備も考慮しましょう。企業の中には障がい者の採用に取り組んでいるところもあるので、インターネットをみて情報収集しましょう。

障がい者専用の転職支援サイトもあるので、こうしたサイトを利用しましょう。障がい者専用の転職情報サイトならスキルアップのための無料講習や履歴書や面接対策指導を受けられます。転職の様々なノウハウをプロのアドバイスで受けて希望に沿った転職先を探すには障がい者専用の情報支援サイトとても有用です。

障がい者の採用に取り組んでいる企業は、リクルート、NTTデータ、日本ヒューレット・パッカード、富士ソフト、イトーヨーカドーなど多くの企業が挙げられます。障がい者の雇用率は、法的雇用率として各企業ごとに1.8%の雇用を義務づけています。

他にも大同生命保険や朝日生命保険などが障がい者の雇用に積極的な企業として挙げられます。又、インターネットで検索すると他にも多くの企業があります。障がい者が転職を考えるなら、法的雇用率の水準を超える「特例子会社」の企業を見つけましょう。
手作業 内職
ニートの就職対策
札幌市雇用

スポンサーサイト

障害者の転職支援

転職情報サイトはインターネットに沢山ありますが、その中でも障害者専用転職支援サイトがあります。障害者転職を支援すサイトには、「ゼネラルパートナーズ」「ジョイコンサルティング」などがあります。障害の場所別で転職先を探せたり、無料の転職相談が出来たり、転職塾で知識をもらうこともできます。

障害者を雇用する企業で人気の高いのが、日本ヒューレットパッカード、NTTコムウェア、リクルート、シティバンク、NTTデータ、などがあります。障害者の転職希望者を支援するNTTデータという企業では、今年から障害者の在宅ワーク雇用をスタートしました。また、リクルートという机上は従業員の50%弱が障害者なのでフレックス制度があったり、車椅子用専用トイレがあったりして障害者でも安心して転職可能な企業です。

障害者転職は一般的に難しいという印象がありますが、一般企業の障害者雇用率は6月1日現在で初の30万人を突破したと発表されました。厚生労働省の指示もあることから、障害者の雇用率がもっとぐんぐん向上していくことが予想されますので、転職希望障害者にたいへんうれしいニュースです。
女性の転職講座
最近の記事
カテゴリ
RSSリーダー
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
クリック募金
緑のgoo
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。